トップページ > 公文俊平

「知の自由を高らかに掲げよ」(2004年10月30日)

[公文俊平] 2004-10-30 12:27:54

今日の産業社会は、人びとに私的な利益の分散的な追求の権利を認めたところから生まれた。その結果は驚くべきものだった。人びとのミクロのアクティビズムが、マクロの望ましい社会秩序を「創発」させたのである。

''「知の自由を高らかに掲げよ」『産経新聞/正論』(2004年10月30日)''

投稿者 : 公文俊平

主著一覧

[公文俊平] 2004-09-09 12:56:34
『情報文明論』NTT出版、1994
『ネティズンの時代』(編著) NTT出版、1996
『2005年日本浮上』(編著) NTT出版、1998
『文明の進化と情報化』NTT出版、2001

(公文俊平、『情報社会学序説―ラストモダンの時代を生きる』、NTT 出版、2004 年)
(NTT出版のページ)
投稿者 : 公文俊平

略歴

[公文俊平] 2004-09-09 12:45:34
  • 1957 東京大学経済学部卒 経済学士取得
  • 1959 東京大学大学院社会科学研究科理論経済学専門課程修士修了
  • 1968 Ph.D. 取得(インディアナ大学経済学部大学院)
  • 1967 東京大学教養学部助教授
  • 1967 カナダ・カールトン大学客員助教授・客員準教授
  • 1971 経済企画庁客員研究官
  • 1978 東京大学教養学部教授
  • 1988 米国・ワシントン大学客員研究教授
  • 1990 学校法人国際大学教授
  • 1993 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター所長
  • 2004 多摩大学情報社会学研究所所長・多摩大学教授
投稿者 : 公文俊平
  1. < PREV
  2. [1]
  3. [2]
  4. [3]
  5. [4]
  6. [5]
  7. [6]