会津泉


略歴

1986 ネットワーキングデザイン研究所設立
1987~1993 パソコン通信の全国会議「ネットワーキングフォーラム」の企画・開催
1990 「ハイパーネットワーク日出会議」企画・運営
1991 国際大学GLOCOM企画室長
1997 マレーシアに移動、アジアネットワーク研究所設立
1998-2000 アジア太平洋インターネット協会(APIA)事務局長
2000 東京に戻り、国際大学GLOCOM主幹研究員(兼任)
2004~2007 国際大学GLOCOM客員研究員。
2004~ 多摩大学情報社会学研究所主任研究員
(財)ハイパーネットワーク社会研究所副所長
(財)インターネット協会評議員
インターネット・ガバナンス・タスクフォース(IGTF-J)幹事、ICANN AtLarge Advisory Committee(ALAC)委員
The High-level Advisor of Global Alliance for ICT and Development

個人サイト
http://www.anr.org/

主著

(1984)『はじめてのあっぷる』(共著、小学館)
(1986)『パソコンネットワーク革命』、日本経済新聞社
(1994)『進化するネットワーク』、NTT出版
(1996)『入門インターネット・ビジネス』(共編著)日本経済新聞社
(2001)『アジアからのネット革命』岩波書店
(2005)『インターネットガバナンス』NTT出版

訳書

(1984)『ユーザーマニュアル執筆ガイド』、(Brad McGhee ・共訳・日経BP社)
(1988)『スカリ-』、(John Sculley 早川書房)
(1991)『ネットワ-ルド』、(Albert Bressand 東洋経済新報社)
(1995)『バーチャル・コミュニティ』、(Howard Rheingold 三田出版会)
(2003年8月刊)『スマートモブズ』、(Howard Rheingold NTT出版・共訳)

受賞

(1988)ENA(Electronic Networking Association)より、グローバル・ネットワーキングづくりに貢献したとして、デビッド・ロデール賞。
(1990)韓国 Electronic Mail Pal (EMPAL)より、日韓ネットワーカーの交流親善に貢献したとして感謝盾。
(1995)電気通信普及財団より、『進化するネットワーク』(NTT出版1994)で、電気通信普及財団テレコム社会科学賞。
(1996)情報処理学会より、「インターネットの進化発展の意味」(『情報処理』1995年10月号)で、1996年ベストオーサー賞。

投稿

会津泉 プロフィール

多摩大学情報社会学研究所 教授・主任研究員 一般財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 共同研究員 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)顧問 <略歴> 1952年 仙台市生まれ。 1971年 私立栄光学 […]

コメントなし

主な著作など

●著 書 『はじめてのあっぷる』(共著・小学館1984年) 『アメリカにおけるパソコンネットワ-ク実態調査報告書』(ネットワ-キングデザイン研究所1985年) 『パソコンネットワ-ク革命』(日本経済新聞社1986年) 『 […]

コメントなし

所員紹介

公文 俊平 所長・教授 情報社会学会 会長 ハイパーネットワーク社会研究所 理事長 この研究所は、情報社会のさまざまな側面を学際的・総合的に研究することをめざして2004年に設立されたミニ研究所です。専任研究員は三人です […]

コメントなし