多摩情報社会学研究所


本研究所が提唱する社会システムの長期的な推移に関する分析の枠組みによれば、世界システムはグローバルな近代化と呼ばれる、もっとも基底的な社会変化のなかの情報化の局面にあります。このために、情報社会の進展によって顕在化した諸課題に取り組み、専門家の衆知を集めて実践的な問題解決や政策を提言することが急務になっています。

現在の社会状況を調査研究するためには、既存の政治学や経済学に加えて、新しい種類の社会学、とりわけ私たちの言う「情報社会・学」が大きな役割を果たすと考えられます。研究所の名称として「情報社会学研究所 Institute of Socio-Infonomics」を選んだのはこのためです。

情報社会の研究に関心をお持ちのみなさまとの協働を歓迎します。

多摩大学情報社会学研究所
 所長 公文俊平