山内康英


略歴

1989 東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了 修士(国際関係論専攻)
1992 同博士課程修了 博士(学術・国際関係論専攻)
1989〜1991 世界平和研究所 研究員
1991~1994 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助手/研究員
1995 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助教授
1997〜2003 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター教授
2004 多摩大学情報社会学研究所教授、所長代理

主著・論文

「日本の情報化の進展とネットワーク社会の政治およびセキュリティ面への影響について」『ネット社会の自由と安全保障』NTT出版、2005年
「知的・産業クラスターと創造都市 -産業集積とイノベーションをめぐる日本の政策」『クリエイティブ・シティ』NTT出版、2007年
「ネット社会のリスクと脅威」『ネット戦争 サイバー空間の国際秩序』NTT出版、2007年

研究分野・関心領域

日本国際政治学会 会員
情報社会学会 運営委員

投稿

飛田武幸先生と情報社会学の確率論的転回

飛田先生は国際確率過程論学会の会長を務められた第一級の数学者ですが、数学の門外漢からすると、世界の諸事象に広く共通するパタン生成の根底的なメカニズム(underlying mechanism)──先生はメカニズムに対して […]

コメントなし

原著論文

情報社会学会誌に、私の原著論文が2本掲載されています。 「SNS言語空間のベキ法則と安定分布」情報社会学会編『情報社会学会誌』2016 年、Vol.11 No.1. http://infosocio.org/vol11n […]

コメントなし

主な著書・論文

「ネット社会のリスクと脅威」『ネット戦争 サイバー空間の国際秩序』NTT出版、2007年12月 「知的・産業クラスターと創造都市 -産業集積とイノベーションをめぐる日本の政策」『クリエイティブ・シティ』NTT出版、200 […]

コメントなし